ソーラーシェアリング推進連盟

第1回技術交流会開催! 活発な意見交換で大いに盛り上がりました!!

9月5日(水)、ソーラーシェアリング推進連盟主催による第1回技術交流会が開催されました。 前日に、強い勢力を保 […]

続きを読む…

応募締め切り迫る! 第1回「技術交流会」開催の狙いと背景、当日の内容について

  以前お知らせした通り、来たる9月5日に、ソーラーシェアリング推進連盟主催の第1回「技術交流会」が […]

続きを読む…

「技術交流会」開催!予想されるガイドラインの策定へ…ソーラーシェアリングの設計について幅広い議論と情報交換を。

  ご存知の方も多い方も多いと思いますが、NEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)は、太陽光発 […]

続きを読む…

【お礼】200人を超える皆さまと5/31設立記念シンポジウムを盛会に終えることができました

  【お礼】盛会に5/31設立記念シンポジウムを終えました 昨日、無事開催となり写真のとおり200名 […]

続きを読む…

会員登録

【登録無料】
WEBでの会員登録をお願いします。
登録していただくと、ソーラーシェアリングの普及に関わる情報と、ソーラーシェアリング推進連盟の活動についての、メールニュースをお送りします。費用は無料です。
農業とエネルギーの未来への活動を応援して下さい。

登録フォームへ

会員規約をみる

呼びかけ文

2017年に100GWの新規導入によって世界の設備容量が原発を越えた太陽光発電に象徴されるように、自然エネルギーがここ数年で飛躍的な成長を遂げてきています。自然破壊を避けて土地・空間を有効利用しつつ、その成長を加速して自然エネルギー100%自立を早期に達成するためには、農地や水産業、緑地、屋上などあらゆる場をそれぞれ本来の用途に使いながら立体的に太陽光発電に利用してゆく「ソーラーシェアリング」、中でも農地を利用し営農を継続しながらの「営農型太陽光発電」は、エネルギーの地域自立と農業の自立を同時に達成してゆくことが可能であり、持続可能な地域社会を創りあげていく上でも、地球規模で「持続可能な開発目標」(SDGs)を達成していく上でも、中心的な役割を担うと考えられます。

このように、これからの日本だけでなく途上国など世界における、ソーラーシェアリングによる自然エネルギーと農業の共存共栄は、従来の化石燃料と原子力に依存した社会から、新たなエネルギー社会へと変革していく大きな契機となり得ます。そして、広く世界中にソーラーシェアリングを普及させることにより、これまで農業生産に適さなかった地域や、農業のために必要な水・エネルギーを手に入れることが困難であった地域の抱える問題を解消し、食料生産の増加に貢献することで、人類 社会における貧富の格差と資源を巡る争いを地球上からなくし、世界平和の実現を図り、将来世代に対する責任を果たすことにつながっていきます。

2012年7月に始まった「再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度」(FIT)によって太陽光発電の普及が急速に進み、日本全体で40GWを超え、中国に次ぐ世界第2の太陽光発電大国になりました。 その後、2013年3月末に農林水産省が発出した「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」(24農振第2657号)により、ソーラーシェアリングがわが国の農業行政において明確に定義されてから丸5年が経過する中で、ソーラーシェアリングもまた1,000件を超えて全国的に大きな広まりを見せています。

しかしながら、まだまだ農業者・農業関係者の中で認知度が低い現状があるほか、発電事業を優先するあまり農業を蔑ろにする事例が目立つようになっており、ソーラーシェアリングが何を目指すものか、どういった社会的意義を有する取り組みであるかを含めた普及啓発が重要となってきています。

また、ソーラーシェアリングの発電設備並びに農業に対する試行錯誤が繰り返される中で、現行の一時転用許可制度をどのようにブラッシュアップしていくべきかを提言するとともに、わが国のエネルギー政策や農業政策にソーラーシェアリングが明確に位置づけられていくための政策提案を進める必要があります。

今般、多くのソーラーシェアリング関係者の力を結集して「ソーラーシェアリング推進連盟」を設立し、農業とエネルギーの未来のために、ソーラーシェアリングの

  • 普及啓発
  • 政策提言
  • 情報連絡ネットワークの構築

を推し進めることを目指して、この理念に賛同いただける、より多くの皆さんの「ソーラーシェアリング推進連盟」へのご参加をお願いする次第です。重ねて、皆さまのご協力とご助力をよろしくお願いいたします。

2018年4月
ソーラーシェアリング推進連盟 長島彬、馬上丈司、一同

組織概要

名称
一般社団法人 ソーラーシェアリング推進連盟
最高顧問
長島 彬(CHO技術研究所/ソーラーシェアリング発案者)
顧問
吉原 毅(城南信用金庫)
佐藤彌右衛門(全国ご当地エネルギー協会)
代表理事
馬上丈司(千葉エコ・エネルギー)
理事
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
山本精一(いすみ自然エネルギー)
高澤 真(ソーラーシェアリング上総鶴舞)
椿 茂雄(匝瑳ソーラーシェアリング合同会社)
鈴木幸一(アースガーデン)
幹事
東 光弘(CHO技術研究所/市民エネルギーちば)
松岡 顕(ソーラーカルチャー)
井上保子(宝塚すみれ発電)
近藤 恵(飯舘電力)
所在地
城南信用金庫 本店 企画部内
〒141-8710 東京都品川区西五反田7-2-3
運営事務局
千葉エコ・エネルギー株式会社内
〒263-0022 ​千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F
電話:043-301-6998
URL
http://www. solar-sharing.jp
メール
info@solar-sharing.jp